話題

炎上|箱根駅伝2021創価大学の監督コメント全文!選手を責めた失言?

炎上|箱根駅伝2021創価大学の監督コメント全文!選手を責めた失言?

2021年1月2日・3日に行われた「箱根駅伝2021」。

見事準優勝を飾った創価大学の榎木和貴監督の最終コメントが、失言ではないかと話題になっています。

一体どんなコメントをして、なぜ失言と言われてしまったいるのでしょうか?

創価大学・榎木和貴監督のコメント全文と、ネットの声をまとめました。

【箱根駅伝2021】創価大学の監督コメント全文

創価大学・榎木和貴監督のコメントがこちら。

ありがとうございました

選手たちはよく戦ってくれたと思います

やっぱりアンカーにしっかりと走る選手を据えられなかったのは指導力不足

決してね、選手が悪いわけでもなく、また次の挑戦をしろってことだと思いますので

2番ということで、当初の目標をクリアしたわけですから、前向きに考えたいなと思います

私が学生の時に経験した舞台というのを選手たちも同じ目線で見ることができたっていうことは成長だと思いますし、

また最後優勝のゴールテープがきれなかったということは、来年の課題を与えられると思ってこの一年しっかりと取り組んでいきたいと思います

選手たちは本当によく頑張ってくれたと思います

私自身が指導者としてまだまだ、やっぱり優勝できるチーム作りっていうのは二年では早いっていう風に言われているのかなと思いますので、しっかりと噛み締めてですね、チーム作りを立て直したい

本当に往路から想像以上の走りをしてくれて、本当に頼もしい選手たちだったと思います

まだ来年チャンスが残されている選手たちが沢山いますので、この悔しさを忘れることなくまた来年の箱根に向けてしっかりと準備をしていきたいと思います

創価大学の監督コメントは選手を責めた失言?

炎上|箱根駅伝2021創価大学の監督コメント全文!選手を責めた失言?
失言ではないかと言われているのは、次の部分。

やっぱりアンカーにしっかりと走る選手を据えられなかったのは指導力不足

これが監督自身の責任を問うコメントではなく、

駒澤大学に抜かれてしまった最終10区を担当した選手に敗因を押し付けたのではないか

と言われているのです。

創価大学の監督コメントに対するネットの声

ネットの声

ネットでは、榎木和貴監督のコメントが失言であるのか・ないのか物議されています。

失言だ

失言ではない


https://twitter.com/miyorin_miyorin/status/1345598027008942080

箱根駅伝2021|沿道の観客が多すぎて炎上!ネットで批判の声続出
箱根駅伝2021|沿道の観客が多すぎて炎上!ネットで批判の声続出2021年1月2日に開催されている「箱根駅伝2021」。 沿道で応援する観客が多すぎると、炎上騒ぎになっています。 なぜ炎上...
ニューイヤー駅伝2021|カニ返してって何?サンベルクスで盗難!?
ニューイヤー駅伝2021|カニ返してって何?サンベルクスで盗難!? 2021年1月1日に開催のニューイヤー駅伝(全日本実業団駅伝2021)。 ある選手の「カニ返して」と大きな文字で書かれたユ...
error: 申し訳ありませんが、右クリックできません。