政治

橋本琴絵が炎上商法と言われる理由!最新&過去の発言と疑惑まとめ

引用元:Twitter

またもや橋本琴絵さんが話題になっています。

それは、2020年9月16日にTwitterで「産後うつは甘え」と発言したことが原因。

ネット上では、橋本琴絵さんを「炎上商法だ」「頭がおかしい」と言う声が多くあがっています。

今回は、橋本琴絵さんがなぜ炎上商法だと言われているのか、まとめました。

橋本琴絵が炎上商法と言われる理由

引用元:Twitter

Twitterでは、橋本琴絵さんを炎上商法だとする声が多くあがっています。


https://twitter.com/suhule109/status/1306513883989831680
https://twitter.com/punkz_catholic/status/1306513686039638017

橋本琴絵さんが炎上商法と言われる理由は、次のとおりです。

  • 落選している
  • 問題発言を繰り返している

橋本琴絵さんは2017年に希望の党から衆院選に出馬しましたが、落選しています。

つまりどこかの議員と言うわけでもなく、言うなれば一般人。

選挙に落選しているにも関わらず問題発言を繰り返しているため、次の選挙のためのアピール(炎上商法)だと言われているのです。

では、具体的な問題発言をみていきましょう。

問題発言①:「コロナに正露丸が効く」

2020年3月2日、橋本琴絵さんは自身のTwitterで次のような発言をしました。

しかしその10日後。

さらにその3日後には、

正露丸は必ず新型コロナウイルスを破壊する

と発言しています。

橋本琴絵さんご本人曰く、「正露丸がコロナに効く=治療できる」ではないとのこと。

つまり炎上は自分の責任ではなく、日本語をきちんと理解できない方が悪いと言う認識のようです。

ちなみになぜ橋本琴絵さんが「正露丸がコロナに効く」発言をしたかと言うと、「昔男性上司に陰部を見せられた時に正露丸の匂いがしたので、正露丸はかなりの量が血液中に溶けている」と思ったからだそう。

この後橋本琴絵さんのTwitterアカウントは、1度凍結されました。

問題発言②:「コロナとイソジン」に便乗

2020年8月4日に大阪府知事・吉村洋文さんが「イソジンなど、ポビドンヨードを含むうがい薬」がコロナウイルス対策として効果的とした発言に対し、次のような反応をしています。

ただ苦言を呈しているだけのように見えます。

しかし実はこの後、橋本琴絵さんはまた正露丸を取り上げました(現在は削除)。

イソジンから正露丸が話題なので再掲しておきますね。

正露丸主成分は服用30分後最大血中濃度を示し肺と全身循環(in vivo)https://t.co/uW0wzgmrmL米国立生工学情報センター

正露丸主成分は血清蛋白存在下でエンベロープウイルスの増殖阻害(invitro)https://t.co/woaS903wLt
独法科学技術振興機構

— 橋本琴絵 (@HashimotoKotoe) August 5, 2020

しかし正露丸のホームページで公表されている効能は、次の点のみ。

軟便、下痢、食あたり、水あたり、はき下し、くだり腹、消化不良による下痢、むし歯痛

引用元:正露丸

製造元が否定しているにも関わらず発言を繰り返すと言うことに、「炎上商法」の疑いがかけられているのでしょう。

問題発言③:「産後うつは甘え」

前回の「イソジン」に便乗した翌月、2020年9月16日に橋本琴絵さんはまたもや炎上商法とされる発言をしています。

橋本琴絵さんはこの発言をした理由を、「産後うつという病気は地球上に存在しないから」とのこと。

産褥期うつ状態F530はあるが、状態であってうつではない

このような発言もしていますので正露丸と同様「日本語の問題」のようですが、ここまで繰り返しては「わざと」と言われてもしょうがありません。

これに対し反論する声も多数あがっています。

橋本琴絵さんご自身も、産後3ヶ月で仕事復帰されたワーキングマザーとのこと。

余計に世間の反感を買っているようです。

橋本琴絵の炎上発言をしているのは夫・遠藤維大?

実はこれまでご紹介した橋本琴絵さんの発言に、ある疑惑がかけられています。

それは橋本琴絵さんの炎上発言は全て、夫・遠藤維大さんがしていると言うもの。

遠藤維大さんの詳細なデータは公表されていませんが、以前NHKの番組「真剣10代しゃべり場」で3期生として出演されており、2010年代半ばに「日本のこころ」の秘書をしていたよう。

引用元:Twitter ※写真右側が遠藤維大さん。

もし噂が本当だとしたら、なぜ夫婦でこのような発言を繰り返すのか疑問です。

橋本琴絵が炎上商法だとする世間の反応

炎上商法と言われるような発言が続く橋本琴絵さんに、世間からは冷ややかな目が集まっています。

炎上商法かどうかは分かっていませんが、なんども続く極端な発言によって傷つく人が少しでも減ることを祈ります。


error: 申し訳ありませんが、右クリックできません。