タレント・芸人

ニッチェ近藤の彼氏の年収は?2人の金額を合わせるともっとすごい

 引用元:Twitter

2020年9月12日放送の「さんまのお笑い向上委員会」で、お笑いコンビ「ニッチェ」の近藤くみこさん(37)と同番組プロデューサー藤本大介さん(38)の婚約が発表されました。

1年前に番組の収録打ち上げで出会った二人は、その後密かに愛を育み、すでに同棲もしているのだとか。

SNS上では二人を祝福すると共に「旦那さん優しそう!」「なんだか2人の雰囲気が似てる」などの声も上がり、藤本大介さんへの注目が集まっています。

そこで藤本大介さんの経歴を詳しく調べてみたところ、「藤本大介さんは年収1000万円以上である可能性が高い」と分かりました。

さらにニッチェ近藤くみこさんが公表する年収とあわせると、世帯年収もすごい額になったんです!

今回はフジテレビのプロデューサー藤本大介さんの経歴や、推定される年収額を徹底的に深掘りしていきます。

藤本大介プロデューサーの経歴

 引用元:Twitter

名前:藤本大介
年齢:38歳
職業:プロデューサー(フジテレビ)
担当番組:さんまのお笑い向上委員会

藤本大介さんは、フジテレビでプロデューサーを務めています。

プロデューサーとは、テレビ番組制作における企画・進行を行う人のこと。企画立案や予算管理なども含め、番組全体を指揮します。

調べてみたところ、藤本大介さんは次のような番組を担当されていました。

2005年10月頃
2009年4月頃
「FNS地球特捜隊ダイバスター」
アシスタントディレクター
2009年10月15日〜
2011年3月24日
「マツコの部屋」
アシスタントディレクター
2015年「取材拒否の店」
プロデューサー
2019年11月23日「明石家笑業修学旅行」
アシスタントプロデューサー
2019年1月5日「ジモン・渡部のこれが絶景料理だ!」
プロデューサー
2020年1月4日「ジモン・渡部のこれが絶景料理だ!2020新春SP」
プロデューサー

藤本大介さんは恐らく大学卒業後すぐに2005年「FNS地球特捜隊ダイバスター」でアシスタントディレクターを務めた模様。

その後順調に仕事を進め、2015年頃からプロデューサーとしても活躍の場を広げています。

このため藤本大介さんは、高収入なのではないかと推定できました!

ニッチェ近藤の彼氏の推定年収

藤本大介さんの推定年収は、1000万円〜1500万円とされています。

アシスタントディレクターは平均年収250万円程度と言われていますが、プロデューサーはそこから一気に上がり、800万円〜1000万円となります。

実は同じプロデューサーという職種でも、「キー局」と「地方局や番組制作会社」で差があるのが現状。

藤本大介さんが務めるフジテレビはキー局のため、30代でも1000万円を超えることは珍しくありません。

フジテレビの平均年収は42.7歳で1387万円です。

藤本大介さんは2020年9月時点で38歳。

年収1000万円を超えるのは全体の2%程度と言われている昨今、明石家さんまの番組プロデューサーであることも考えれば、年収1000万円〜1500万円はあるのは確実でしょう。

ニッチェ近藤さんと彼氏の推定世帯年収がすごい

 引用元:Twitter

婚約されたフジテレビプロデューサーの藤本大介さんとニッチェの近藤くみこさん。

2人の年収を合わせると、2200万円〜5300万円と言う可能性があります!

以前、2018年9月15日放送の「おしゃべりオジサンとヤバイ女」(テレビ東京系)で、当時彼氏がいなかった近藤くみこさんは「年収1200万円あるので、お金はあります!」と明言。

すかさずMCの千原兄弟・千原ジュニアから「もっともらってますよね。マセキ芸能社ですよね。3800万円です」といじられていました。

このことから、ニッチェ近藤くみこさんの年収は1200万円〜3800万円であると推定できます。

さらに近藤さんは、ご自身のご実家がお金持ちである可能性を示唆。

現在画像は削除されていますが、投稿当時についたコメントに「スゴッ!ここで撮影できんじゃん!」「段ボールで滑りたい」とありましたので、想像を絶する広さの土地であるとわかります。

近藤くみこさんのご実家は三重県四日市市。都心と比べると広大な土地が手に入りやすくはありますが、それでも一般家庭と比べればかなりのお金持ちでしょう。

子供の教育費にも1人あたりの老後資金にも「2000万円」が必要と言われる昨今。

お二人であれば、なんの不安もない家庭生活を送っていけそうです。


error: 申し訳ありませんが、右クリックできません。